検索エンジンスパムとは

相互リンクはSEO対策ディレクトリ型検索エンジンで相互リンクサイト様のアクセスアップを応援します。

現在位置:ホーム > 検索エンジンスパムとは >

検索エンジンスパム

不正な方法で検索結果の上位に表示されるように検索エンジンのロボットを騙すような行為を検索エンジンスパム行為といいます。このような行為を行ったものに対して検索エンジンはペナルティを与えます。あらかじめ、やってはいけない・疑われるような行為を知っていれば安心して文書を作成することができます。

検索エンジンスパムとは

Google, YST, などの検索エンジンの検索結果で上位に表示させるように何らかの不正な仕掛けを施す・施している行為を検索エンジンスパム行為(Search Engine SPAM)といいます。検索エンジンを欺(あざむ)くための不正な行為は検索結果の整合性を乱すことになり、検索エンジンはユーザーが望む情報へのリンクを提供することができなくなってしまいます。このため検索エンジン側では関係の無い内容のウェブページを除外するような仕組みの開発・導入が進められています。しかし、それらの仕組みを調べて、まだなお不正に自分のウェブサイトに誘導する制作者もおり、両者の間では、終わりのないいたちごっこが続いています。

確かに少し前まで検索エンジンを欺いてでも上位に表示させれば良しと、これを SEOテクニックと称し正当化され、現在ではスパム行為と呼ばれる手法が横行していたことがありました。そして手法によっては、今なお効果を持つものもあるでしょう。しかし、不正な方法で検索エンジンからユーザーを誘導し一時的なアクセスアップを達成することができたとしても、それはユーザーに不信感を与えるだけで SEO の究極的な目的である、訪問後における検索エンジンを利用するユーザーのアクションはいつまで経っても期待することはできないでしょう。

スパムに対抗するスパムフィルター

検索エンジンはユーザーが望む情報へのリンクを提供することが使命であり、スパム行為で不正に誘導しようとするウェブサイトを除外するために、検索エンジンのアルゴリズムは日々研究され進化し続けています。そしてスパム行為に対抗するためにスパムフィルターというものを設け、今やスパム行為は淘汰されつつあります。

スパムフィルターは検索エンジンのロボットがウェブページを収集(インデックス)する際にスパム行為を見つけ出し、インデックスデータベース(ロボットがインデックスしたウェブページの情報がデータ化され格納されている)に登録しないようにする、または既にデータベースに登録されているウェブページを検索対象から除外したり、表示順位を低下させたりするようです。せっかく作成したウェブページが検索エンジンにまったく登録されないという場合は、このスパムフィルターに引っ掛かているということも考えれます。その際は、疑われるような箇所に身に覚えがあれば、その部分を修正してから再度の登録申請を行いましょう。

検索エンジンのロボットは膨大な数のウェブサイトを巡回し、情報を収集・更新し続けているわけですからシステムに障害が起きないような完璧なプログラムを作成することはほとんど不可能です。このためウェブページが登録されないのには、スパム行為と判定されたのが原因でなく、検索エンジン側の技術的なミスが原因であったり、検索エンジンのロボットが巡回の際にウェブサイトのホスティング側のサーバがたまたまダウンしていたり等のトラブルの可能性も考えられます。このためウェブページが検索エンジンに登録されるのは気長に待つようにしましょう。

代表的なスパム行為の例

スパム行為が発覚した場合、その悪質度に応じて当該ウェブページ、またはドメイン単位にペナルティが課せられます。ペナルティには検索順位の下落、検索結果からの除外、そして最悪の場合は完全削除されることもあると言われています。このため知らず知らずのうちにやっていたことがスパム行為でスパムサイトに認定されてしまったということにならないためにも、そしてあらかじめ、やってはいけない・疑われるような行為を知っていればスパム行為に抵触することのない正当な文書を作成することができるはずです。

隠しリンク・隠し文字

テキストやアンカーテキストのリンク色を背景色と同色にしたり、縦横"1px" の小さな透過 gif画像の alt属性にキーワードを詰め込むこで視覚的に見えないようにし検索エンジンのロボットにだけ情報を読ませるようにする行為。最もよく見かけられる単純なスパム行為。

キーワード・スタッフィング

スタッフィング(Stuffing)とは詰め込むの意。検索エンジンのヒット率を上げるのに効果があるとされる meta要素のキーワード属性部分や縦横"1px" の小さな透過 gif画像の alt属性など、視覚ブラウザには視覚的に表示されない部分を利用して、当該ウェブページの内容や画像の内容とは一切関係のないキーワードを詰め込む行為。よく見かけられる単純なスパム行為。

ドアウェイページ

ドアウェイ(Doorway)とは入り口の意。本サイトとは別のドメインをいくつも用意し、本サイトに誘導するための入り口となるウェブページを作る行為。ドアウェイページであるかどうかはウェブページの構造で判定することができる。通常のウェブページには、ナビゲーションや本文など様々なリンクが用意されているが、ドアウェイページには本サイトへ誘導することだけが目的のリンクしか見当たらない。各検索エンジンのスパム行為に関する注意書きの部分でも誘導ページを作る行為はスパム行為であると明確に定められている。

クローキング

クローキング(Cloaking)とは覆(おお)い隠すの意。 User-Agent(ユーザエージェント)や IPアドレスでブラウザか検索エンジンのロボットかを判別し、それぞれに別々のソースを参照させたりする行為。ユーザーがブラウザでアクセスしてきた際には普通のソースを閲覧させ、検索エンジンのロボットがアクセスしてきた際には、キーワードを詰め込んだフレーズを収集させるようにする悪質なスパム行為。 UAの判別にはサーバーサイドスクリプト言語の Perl や PHP等の環境変数を用いて行われることが多い。

リンク・ファーム

リンク・ファーム(Link Farm)とはリンク農場の意。似非SEO業者が仲介となり、ページランクを上げることを目的に相互リンクを張るメンバーを集め、参加したメンバー同士のウェブサイトで相互に膨大な数のリンクを張りあう行為。リンクされているウェブサイト同士のテーマに一貫性がなかったり、参加するメンバーがメンバー同士のウェブサイトで異常な数のリンクを張っていることが確認できれば、通常の相互リンクやランキングサイトとは明らかに異なるリンク形態であると判断することができる。

リンクポピュラリティ(リンクの質や数)を重視する検索エンジンは、リンク・ファームからのリンクの効果を無効化するようなアルゴリズムに設定しているとされるが、似非SEO業者側もリンク・ファームと判定されないような必要最小限のリンクに抑えるなど工夫を施し、検索エンジン側もリンク・ファームをスパム行為かどうか判定することは、実際には難しいところである。

複製コンテンツ

ウェブサイト内のコンテンツを別ドメイン等に複製する行為。ミラーサイトともいう。コンテンツを複製した別ドメインのウェブサイトには本サイトへのリンクを張り、本サイトのリンクポピュラリティを向上させることが主な目的とされる。そっくりそのまま同一内容のウェブサイトを公開するとスパム行為と判断されるかもしれないとサイト名部分や見出し部分をすげ替えて公開しているウェブサイトは良く見掛けられる。しかし、タイトルのみすげ替えても、主要部分が共通であればやはりスパム行為と判定される。


相互リンクコミュニケーションズ サイトマップ サービス(有料・無料)一覧表 ご挨拶 ご利用規約

分散&時間差テキスト広告掲載サービス 検索エンジン登録代行 HTMLコード最適化サービス

相互リンクとは yahoo (YST)とは 検索エンジンスパムとは 無料一行広告 SEO対策 SEO対策情報

優良サイトリンク集 検索エンジン1 検索エンジン2 Bingについて HP作成素材リンク集

リンクについて(リンクキット) 特定商取引法による表示 

相互リンクサイト 新着サイト 更新サイト おすすめサイト ランダムジャンプ ヘルプ 新規登録 更新・削除