SEO対策相互リンクコミュニケーションズのご挨拶

現在位置:ホーム >SEO対策相互リンクコミュニケーションズのご挨拶 >

ご挨拶

相互リンクコミュニケーションズへようこそ!

相互リンクコミュニケーションズでは、Google のサイトマップを使用して、

Google のクローラにすべてのページ情報を提供しウェブ ページがより正確に登録されるようになっています。

相互リンクコミュニケーションズは完全ボランティアで運営されていますので、お気軽に御利用下さいませ。


ホームページHTMLコード最適化サービス

当ウェブサイト検索エンジン相互リンクコミュニケーションズでは、Keep it Simple, Stupid を重視しています

Keep it Simple, Stupid とは?

KISSとは、サイトデザインやSEOで用いられる言葉で、

「構造をできるだけ簡単に」という趣旨の格言である。

KISS 「KISSの法則」 (Keep it Simple, Stupid) キスとは: - IT用語辞典バイナリ

SEO は検索エンジンのロボットにも、そして検索エンジンを利用するユーザーにも

好かれるようにウェブページをカスタマイズ(最適化)することが大切です


現在SEO対策会社が検索エンジン最適化に非常に高額な値段で

請け負っております。

しかし、当ウェブサイト「相互リンクコミュニケーションズ」に

貴サイトのトップページからリンクを設置して当検索エンジンに新規登録申請して頂くと

御希望のウェブサイト管理者様は申し込みして頂くだけで

Google対策 YST対策 検索エンジン上位表示のSEO対策として

最低限必要な適切なHTMLコードであなたのホームページを

最適化致します

有料ですが格安でのサービスの為、お申し込みサイトのTOPページのみとなります。


このホームページHTMLコード最適化サービスの目的は

大切なトップページからリンクを設置して頂いた感謝と御礼です

今すぐ詳しく知りたい御訪問者の方は、こちらのページです


緊急変更登録申請時の変更について 2006.9.30

2006年5月19日 「品質の低い相互リンクサイトは登録せず」

米Google Matt Cutts氏 Googleが新データセンターBigdaddy(ビッグダディ)に移行した後

検索エンジンに表示されないと不満を漏らしているウェブマスターがいる。

これに対して、米GoogleのMatt Cutts氏が同氏のブログで見解を述べた。

その中で同氏は、品質の低いインバウンドリンクやアウトバウンドリンクを多数持つWebサイトが

Bigdaddyに掲載されない可能性があることを指摘。

検索エンジンスパムとは呼べないが検索品質を維持する上で問題となっている、

過度な相互リンクやリンク売買への対応として検索アルゴリズムの改良を図ったものと考えられる。

2006年5月19日 Google「自然リンクと人工リンク」を区別

米Googleが公式ブログ「Inside Google Sitemaps」において、

自然リンク(Natural Links)と人工リンク(Unnatural links)の取扱いについて見解を述べている。

Googleは、コンテンツに価値を見出し訪問者に紹介するために設置されるようなWebで

自然発生的に生まれたリンクを自然リンクと定義。

一方で検索エンジンに人気があるように見せかけることのみを

目的として設置されたリンクを人工リンクと定義している。

Googleはこうした人口リンクのいくつかは同社のウェブマスターガイドラインに違反するとしており、

例えばランキングやPageRankを上昇させるためのリンクスキームへの参加や、

スパムサイトや”悪しき隣人”に対してリンクを張らないこと、

また検索エンジンのために作成されたドアウェイページを設置しないよう呼びかけている。

また、一般的にスパムサイトや悪しき隣人”へ”リンクを張ることは

自身のインデックスやランキングに悪影響を及ぼしうると説明。

こうしたサイト”から”リンクをもらった場合は弊害が及ぶことはないが決してプラスにはならないとしている。

Googleのリンク分析技術を巡っては、先日エンジニアの

Matt Cutts氏が「過度の相互リンクを実施しているサイト」や「インバウンド/アウトバウンドリンクの

信頼性が著しく低いサイト」に対するクロール頻度を下げる、

あるいは登録を行わない場合があることを指摘しており、

リンクスパムの横行に対してGoogleは様々な対応策を試みている。

登録申請時の変更について

トップページからのリンク設置か

トップページから1クリックで行けるリンクページからのリンク設置必須です。

※これが登録条件ですので出来てないサイトは登録しません※自動リンク集も不可です。

Google

階層の深いリンク集からの登録申請は御遠慮下さい。

カテゴリ登録申請から登録する割合は10分の1程度です。

率的には低いですが、それほど厳しい審査をしているわけではありません。

きちんとリンク設置が出来ているなら登録しています。

相互リンクコミュニケーションズの運営方針として、リンクしてないサイトは登録しません。

を、今後も続けていく方針です。

無駄に登録数を増やし、掲載サイトがたくさんあるから良質な検索エンジンという考えは、ありません。

登録後の各カテゴリでの表示の変更について。

通常の検索エンジンは登録後にカテゴリページの奥へ奥へと下がって行きますので不利ですが

当検索エンジンは更新をされたwebサイト様が1ページ目の1番に掲載されます。

つまり登録完了後2度と訪れない管理者と、まめに更新作業に訪れる管理者が同等なのは不公平ですので、

まめに、更新作業に訪れる管理者のwebサイトは

常に1ページ目の1番に掲載されGoogleに確実にクロールされます。

登録だけして何の努力もしない人とは格差を付けさせて頂きますので御了承下さいませ。

是非、定期的に更新作業に訪れる事を、お薦め致します。

また新規登録申請時タイトルバナーのURLが、altタグで貴サイト名がリンク処理されますので

通常の検索エンジンよりSEO的には良いと思います。


Googleに代表されるロボット型の検索エンジンでは、

検索結果を表示する際に各ページの信頼度もしくは人気度とでも言うような指標をつかいます。

これをGoogleではPageRankと呼んでいます。

PageRankとはGoogleのGoogleによるGoogleの為の世界中のウェブページの指標です。

PageRankはそのページがどこのページからリンクされているか?

何箇所からリンクされているかといったことを数値化したものです。

その計算方法は完全には明らかにされていませんが

大まかにはPageRankの高いページからリンクされているほど、

たくさんのページからリンクされているほど高くなる傾向に

あるとされていますが完全には解明されていません。

Googleツールバーに表示されるPageRankは、

数ヶ月前のものであることは以前から指摘されていましたが、

では何のためにPageRankを表示するのか。

それはユーザにウェブページのクオリティを判断してもらいためであるということです。

決してSEOでの順位を上げるためのものでもなければ、娯楽のためのPageRankでもないということです。

もしページランクを気にするようでしたらページランクは現在の状態を表示していません。

ページランクは数ヶ月前のを今表示させているのが本当です

PageRank伝説 - Googleの代名詞の真相 :Google(グーグル)対策 ::SEO塾の検索エンジン対策

「GoogleGuy」というハンドル名のGoogle幹部が時折発言している。

一説によると、創業者のSergey Brin(サーゲイ ブリン)かLarry Page(ラリー ペイジ)ではないかと…

さて、このGoogleGuyは、ある意味否定する発言をしている。

PageRankは(バックリンクも)、常にスナップショットを使い、

現在の順位付けのデータにとっては過去のものにすぎない。

PageRankは、毎日のように計算しているが、3〜4ヶ月ごとに目に見えるPageRankを送り出すだけだ。

さらに、あるユーザーがGoogleにPageRankのことを問い合わせた時、驚くべきメールが返信されてきたという。

GoogleツールバーのPageRankは、娯楽の意味しかありません。

GoogleツールバーのPageRankは、数ヶ月前のものを見せています。

GoogleツールバーのPageRankは、順位付けのためのPageRankとは同じものではないのです。

現在上位表示されている他のサイト様とページランクの比較をしてみて下さい。

ページランクと上位表示には多少関連がありますが

ページランクの高いサイトほど上位表示される訳ではありません。

ページランクより大手ポータルサイト Google や、YSTへの最適化が重要です

当検索エンジン相互リンクコミュニケーションズではトップページは

よく、ありがちな宣伝バナー・サイトお披露目など最適化に不要な物は排除しております。

勿論、XHTML 1.0 で作成され内部はHTMLと大手ポータルサイトに優しい作りになっています

アクセスカウンターを設置していないのは外部へのリンクを1つでも減らす為です

cgiで自作アクセスカウンターという方法もありますがcgiも最適化に不要な物として余分には付けません


相互リンクは何のためにやるの? 「相互リンクしても、アクセスは増えないし、

手間が掛かる割に売り上げに結びつかないから意味ない・・・」

「ジャンル分けされていないリンク集はリンク集の価値がない・・・」

そのように考えている人いませんか?

実は、相互リンクの意味は、もっと重要でした!  

現在、インターネットユーザーの85%以上は、

目的のサイトにアクセスするための手段として検索エンジンを

使用しているといわれています。

検索結果には何万、何十万ものサイトがヒットします。

ほとんどの人は、検索結果で出てきた最初のページか、

その次のページの中から欲しい情報が載っていそうなサイトを探しています。

検索エンジン利用者の70%は、

検索結果の2ページまでしか見ていないという調査結果が出ています。

Googleなどのロボット型の検索エンジンの場合、上位表示は、リンクの数と質で決まります。

「他のサイトから沢山リンクが貼られているサイトからリンクを貼られれば上位表示される」

「リンクの少ないサイトからリンクを貼られても数が多ければ多いほど上位表示されるのです。」

「どれだけ他のサイトからリンクが貼られているか」が重要なのです。

「ジャンル分けされていないリンク集はリンク集の価値がない・・・」という考え方の人もいますが、

それでは、ジャンル分けされたリンク集からリンクされてアクセスアップしましたか?

答えはNOだと思います !

「なぜ相互リンクが必要か?」考えたこと有りますか? 訪問者が増えるからですか?

それでは、その訪問者は、どこから訪問して来るのですか? 無名の一般サイトの、

小さく並べられたバナーやテキストをどれだけの人がクリックして見ますか?

大手サイトのバナー広告でさえ、クリック率は低いものです。

一般サイトのリンク集の場合、見ている人が極めて少ないというのが現実です。

よく「自分のホームページと他の人のホームページを相互に紹介(リンク)しあうことで

訪問者を増やすのが相互リンクです」

と言っている人がいますが、しかし、現実にはリンク集を見ている人はほとんどいません。

訪問者は増えません。

相互リンク先からの訪問者は期待しないほうがいいです。

めったに相互リンク経由では訪問者は来ません。

よほど目立つところにリンクされない限りアクセスはないと思ってください。

では何故、相互リンクが必要なのか?

それはSEO(検索エンジン対策)の為です!

Google、Yahoo(YST)といった大手検索エンジンのランクを上げるために相互リンクするのです。

相互リンクの本当の効果は検索エンジン経由の訪問者を増やすことにあります。

相互リンクを行って、その結果、検索エンジンで上位に表示されるようになれば、

確実にアクセスアップします。

このような現状から、これからの相互リンクは、SEO(検索エンジン対策)を

目的に行うのが主流になると思われます。

相互リンクの盲点 相互リンクは上位表示に効果がありますが、ただし、

相互リンクすればなんでも良いというわけではありません。

リンクを組む相手のリンク集が良質なリンク集でなければ効果は半減します。

リンク集によっては、全く効果のない場合もあるのです。

良質なリンク集とは、リンク集のページランクが高くて、1ページのリンク数が少ない所です。

ページランクが高くても、1ページのリンク数が多過ぎると効果は低くなります。

1ページのリンク数が、自サイトのリンク数も含めて、100件以内のリンク集が良質なリンク集です。

よく、1ページのリンク数が、100〜400件ぐらいあるリンク集がありますが、

リンクの数が膨大になればなるほど付加ポイントは減りますから、

そういうところと相互リンクしてもSEOの効果はほとんど期待できません。

1ページのリンク数が多くなり過ぎると、付加ポイントが減るだけでなく、

検索エンジンの巡回ロボットが全てのリンクを巡回してくれなくなります。

例えばGoogleではガイドラインで、「1ページ当たりのリンク数は

100未満にすること」が推奨されています。

多くのSEO専門業者が言っていますが、実際には100でも多過ぎる、

50〜60以内が良いと言われているのです。

100というのは、最大の数字であり、100でも巡回ロボットが

全てのリンクを巡回してくれない場合があると言われているのです。

巡回ロボットが巡回してくれないということは、ページランクにも影響を与えないし、

リンクとしてカウントされないということです。

つまり、1ページのリンク数が100件以上あるサイトと相互リンクをしても、

なにもやっていないのと同じだということです。

そういうサイトといくら相互リンクしても無駄な骨折りになるんです。

※1ページのリンク数とは、外部、内部リンクに関わらず、

そのページに貼っているすべてのリンクの数です。

重要なことはリンクしている数です。リンク集(1ページ)のリンク数が多いほど

相手サイトに与えるリンクの影響は小さくなります。

Web マスターのための検索エンジンスパムとは には、

「ひとつのページ内に含まれるリンクの数を適当な数に抑えます (100 未満)」

という記述があります。

これは自サイト内のページのリンクも含めるので、

実際には相互相手へのリンクは100もできないと考えてください。

※リンク集を設置するときには1ページに置くリンクの数は、内部外部合わせて100未満にしましょう。

少ない程良心的なサイトです。

多すぎるとリンクの価値が低くなります。

(例)、相互相手先100件前後+自社のページへ50件前後のリンク集をよく見かけますが、

この場合は1ページのリンク数は、150になります。150では、1ページのリンク数が多すぎますので、

Googleの巡回ロボットが全てのリンクを巡回してくれなくなります。

SEOの効果もありませんので、このような場合は、

リンク集を複数のページに分けて、1ページのリンク数を100未満にしましょう。

リンク数は少なければ少ないほど良いです。

相互リンクを依頼する場合や受ける場合は、相手のリンク集のページランクが高くて、

他サイトへのリンク数が多くないところが好ましいです。

リンク集(1ページ)のリンク数が少ない所と相互リンクを組んだ方がSEOの効果は高くなります。

また、構造上 Googleにインデックスされていないリンク集もありますので、

相互リンクを依頼する場合や受ける場合は、

相手のリンク集がGoogleにインデックスされているかどうか確認した方がいいです。

構造上 Googleにインデックスされていないリンク集とは、フレーム、CGI(動的ページ)、

階層の深いリンク集、メタタグにnoindexを設定している

リンク集などです。 SEOを目的に相互リンクを行う場合は、フレームのリンク集は注意が必要です。

リンク先がGoogleやYSTにまったくインデックスされていない場合もあるからです。

フレームの使用は検索エンジンに好ましくないとされています。

多くの検索エンジンはフレームの各ページを正確に認識することが難しいからです。

基本的にフレームを使用しているサイトとの相互リンクは避けた方が無難です。

Googleページランク表示について Googleのページランク表示は、

3〜4か月に一度ぐらい(不定期)しか更新されませんので、

ページランクに表示されている数字は前回更新時時点の数字です。

ページランクはGoogle内部では2週間に1回程度の割合で更新されているようです。したがって、

現在表示されている数字だけでは判断できない面があります。

ページランクはリンクの状態により常に変動するものです。

ページランク表示は一つの目安にはなりますが

ページランク表示の数字だけで判断しない方が良いと思われます。

当サイトには多くのサイトから相互リンクの申し込みがありますが、

その内の約50%はお受けしていません。 その理由は、リンク集が

GoogleやYSTにインデックスされていなかったり、

リンク集の1ページのリンク数が100件以上あり、SEOの効果が期待できないリンク集だったからです。

当サイトはSEOを目的に相互リンクを行っていますので、

SEOの効果が期待できない場合は、受けてもしょうがないからです。

今までに数多くのリンク集を見てきて分かったことがあります。

それは現在日本で相互リンクを行っているサイト(リンク集)の約50%はSEOの効果はないということです。

「信じられない、嘘だ・・」という人もいるかも知れませんが、これは事実です。

その理由は、相互リンクを行っているサイト(リンク集)の約30%は、

1ページのリンク数が、100〜400件ぐらいあるからです。

(1ページのリンク数が、100〜400件ぐらいあるサイトはザラにある。)

他の約20〜40%は、サイトの構造上、リンク集(リンク先)がGoogleにインデックスされていないからです。

SEOを目的に相互リンクを行っている人達にとっては、この事実は重大な問題です。

今まで漠然と相互リンクを行っていた人も、今後は真剣に良質のリンク集を探さなければならなくなるからです。

相互リンクを依頼する場合も受ける場合も、相手のリンク集をチェックしなければならないからです。

SEOを目的に相互リンクを行っている人は今後はリンク集をチェックして

SEOに効果のあるところだけと相互リンクを組む必要があります。

SEOの効果が期待できないサイトと相互リンクしても無駄になるだけです。

全く効果のない相互リンクでしたら、やらない方がいいからです。

当サイトの方針に御理解頂けたなら、ご登録ください

まず、ご登録の前に、本サイトへのリンクを貴サイトに設置してください。

仮登録メールを受信したら即、確認していますので、あとからリンク設置は遅いです

掲載完了まで半日〜2日ですので3日経っても登録完了通知が届かないなら

不合格と判断して下さい。リンク設置していたら、ほぼ登録致します。

リンク設置について

リンクについて

この検索エンジンの目的は登録していただいているWebサイト様のアクセスアップです。

そのためにはこの検索エンジンのアクセスアップも重要なポイントであると考えています。

したがって登録していただく際にはこの検索エンジンのリンクを設置していただくことを

条件にさせていただいています。

かならず下記の方法をお読みいただいて

バナーリンクよりもテキストリンク

バナーリンクの場合は、altタグにサイト名

1ページあたりのリンク設置数は100個程度までに。

リンク設置の方法

相互リンクコミュニケーションズはリンクフリーです。

当検索エンジン相互リンクコミュニケーションズでは、いかなる理由や事情がありましても

アダルトサイト、18歳未満に相応しく無いと判断されたサイトは登録出来ません。

リンクバナーやリンク集にアダルトサイト、18歳未満に相応しく無いと判断されたものが表示していても

相互リンクコミュニケーションズでは登録出来ません。

これは当サイト管理人である私のポリシーであり、たとえ事前にリンクを設置して登録申請や

極端な話ですがページランクが10のサイトでも

登録致しませんので御理解をお願い致します。

当検索エンジンは登録申請を受けて登録する義務を負うものではありません。

登録申請については実際にサイトにアクセスし、そのサイトを当検索エンジンに掲載するかどうか

どのカテゴリに掲載するかを決めています申請された内容は

厳正に審査を行い良質なサイトのみ登録致します。

また登録しないことによる責任はありません。

登録申請をしたのに登録されない、などの件について理由を

お問い合わせ頂きましても個別にお応えはいたしません。

当検索エンジンに登録する事によりアクセスアップを応援しますが保障するものではありません。

当検索エンジンに登録する事によりPageRankが上がる事を保障するものではありません。

全てが登録申請者の意思に基づき当検索エンジンには何の保障義務もありません。

登録完了後にリンク削除は悪質な行為ですので御遠慮下さい。

定期的に確認しているので見つけ次第連絡無しに登録自体削除致しますので御了承下さい。


相互リンクコミュニケーションズ サイトマップ サービス(有料・無料)一覧表 ご挨拶 ご利用規約

分散&時間差テキスト広告掲載サービス 検索エンジン登録代行 HTMLコード最適化サービス

相互リンクとは yahoo (YST)とは 検索エンジンスパムとは 無料一行広告 SEO対策 SEO対策情報

優良サイトリンク集 検索エンジン1 検索エンジン2 Bingについて HP作成素材リンク集

リンクについて(リンクキット) 特定商取引法による表示 

相互リンクサイト 新着サイト 更新サイト おすすめサイト ランダムジャンプ ヘルプ 新規登録 更新・削除